2017年4月に読んだ本まとめ
2017 / 05 / 03 ( Wed )
4月の読書メーター読んだ本の数:30読んだページ数:6888ナイス数:115世界食べものマップ世界食べものマップ感想わたし用に借りた本。美味しそうだなあ、食べてみたいなあ、どんな味だと思う?など、感想を言い合いながら家族みんなで眺めるのがこの絵本の正しい使い方なんじゃなかろうか?読了日:04月01日 著者:ジュリア マレルバ,フェーベ シッラーニ
寿命図鑑 生き物から宇宙まで万物の寿命をあつめた図鑑寿命図鑑 生き物から宇宙まで万物の寿命をあつめた図鑑感想わたし用に借りた本。意外と動物たちは長生きだ。医療に頼らなくても。わたしたち人間の異常な寿命の長さに違和感を抱くとともに、50億年後の地球に思いをはせる本。読了日:04月03日 著者:
自分だけはいつも「自分の味方」 (WIDE SHINSHO 227)自分だけはいつも「自分の味方」 (WIDE SHINSHO 227)感想わたし用に借りた本。和田さんの心憎いところは、弱っている人向けに書かれた本の口調が本当に優しいところだよ。攻撃的だったり前向きだったり、いろいろな口調の和田さんがいる中で、この本の口調にホロリと来ないはずがない。テクニシャンだよ。読了日:04月04日 著者:和田秀樹
もしもテロにあったら、自分で自分の命を守る民間防衛マニュアルもしもテロにあったら、自分で自分の命を守る民間防衛マニュアル感想わたし用に借りた本。こんなことが起きたらどうしようって、想像することが大事なんだねえ。そして想像したことにどう対処するのかを、さらに想像しなくちゃいけない。妄想癖がある人は得意な分野だね。ちなみにわたしのことだよ。読了日:04月04日 著者:武田 信彦
ゴースト・スナイパーゴースト・スナイパー感想わたし用に借りた本。ライムシリーズ第十弾。ネタバレ注意よ。今回、手術を受けることになったのはライムではなくアメリアだったねえ。だんだんひどくなってくるように感じていた関節炎と、これでおさらばできるのかしら?激しいアクションをこなすアメリアには、ぜひ今後も活躍して欲しい。読了日:04月05日 著者:ジェフリー ディーヴァー
大英自然史博物館の《至宝》250大英自然史博物館の《至宝》250感想わたし用に借りた本。なぜ、それが至宝なのかも分かるように、説明つきなのが嬉しいわ。実際に大英自然史博物館に出向いても、必ず見られるものばかりでないところもいいわねえ。読了日:04月05日 著者:
薄闇の唄 新・若さま同心 徳川竜之助(5) (双葉文庫)薄闇の唄 新・若さま同心 徳川竜之助(5) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。新シリーズになってからは、やよいちゃんとの絡みが多くて楽しいねえ。そして今回は、竜之助のちょっと意外な下手なものが出てくるよ。読了日:04月05日 著者:風野 真知雄
憂いなき街憂いなき街感想わたし用に借りた本。ネタバレ注意。ついに結ばれた二人と結ばれなかった二人。結ばれた二人のことは今後に期待して、結ばれなかった二人の悲しみを味わう巻。読了日:04月07日 著者:佐々木 譲
現場で役立つ手書きPOP現場で役立つ手書きPOP感想わたし用に借りた本。書店員としてバイトをしていた大学時代に、こういう本と出合いたかったなあ。あのころはPOPひとつに、ずいぶんと苦労したものだよ。読了日:04月07日 著者:さとだて ゆめこ
廃墟に乞う廃墟に乞う感想わたし用に借りた本。「笑う警官」シリーズから手を伸ばす。が、あまりのテイストの違いに戸惑うことしばしば。山も谷もなく、淡々と進む物語が帯びる悲哀を楽しむという、ちょっと読者を選ぶ短編集だったわ。読了日:04月07日 著者:佐々木 譲
ガラパゴス 上ガラパゴス 上感想わたし用に借りた本。骨太だ。平和ボケした日本人のひとりであるわたしも、田川さんと同様に驚くことが多かった。派遣に関する事情は、決して作り物ではないのだよね。読了日:04月09日 著者:相場 英雄
ガラパゴス 下ガラパゴス 下感想わたし用に借りた本。田川刑事のこれからや、これまでが読みたいと思った。追いかける作家さんが増えるのは嬉しいことだ。分厚くなった手帳20冊以上…楽しみだなあ。読了日:04月09日 著者:相場 英雄
乳児の星-新・若さま同心 徳川竜之助(6) (双葉文庫)乳児の星-新・若さま同心 徳川竜之助(6) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。若さま同心新シリーズも六巻目だよ。この巻は甘々だな。竜之助とやよいちゃんが、どうくっついていったのかを追う巻だな。男をつかむにはまず胃袋をつかめとは、よく言ったものだよ。読了日:04月10日 著者:風野 真知雄
すごい成果をあげているリーダーが実行している40の習慣すごい成果をあげているリーダーが実行している40の習慣感想わたし用に借りた本。自己鍛錬の方法が分かりやすくていい。忙しい人ほど、こうした図解の本はありがたいんじゃなかろうか。左ページだけなら、15分程度で読み終えるよ。読了日:04月12日 著者:赤羽 雄二
大鯨の怪-新・若さま同心 徳川竜之助(7) (双葉文庫)大鯨の怪-新・若さま同心 徳川竜之助(7) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。味見方同心のほうにも、似たようなタイトルがなかったかしら?「かわいそう」という気持ちと、「美味しい」という気持ちが同居する。それが雑食である人間の性なんだろうねえ。読了日:04月12日 著者:風野 真知雄
11歳からの正しく怖がるインターネット: 大人もネットで失敗しなくなる本11歳からの正しく怖がるインターネット: 大人もネットで失敗しなくなる本感想わたし用に借りた本。14歳のお姉ちゃんにも読んでもらったわ。実際に起きた事象と照らし合わせて進む解説が、分かりやすくていいね。子どもさんにネット環境を与える前に、親も一緒に振り返ってみよう。読了日:04月12日 著者:小木曽 健
命の意味 命のしるし (世の中への扉)命の意味 命のしるし (世の中への扉)感想わたし用に借りた本。まったく異なる職業に就いていながら、願いや思いが重なることがある。俯瞰して考えることが出来るふたりの対談は、考え方としてとても勉強になるよ。読了日:04月12日 著者:上橋 菜穂子,齊藤 慶輔
パイルドライバーパイルドライバー感想わたし用に借りた本。続きはないのだろうなあ。そういう構成だったものね。だけどこのままお別れするには、久井さんは惜しい存在だわ。今は60代って、いくらでも戦えるのね。読了日:04月13日 著者:長崎 尚志
「失われた名画」の展覧会「失われた名画」の展覧会感想わたし用に借りた本。「失われた」ものというのは、どうしてこうも人を引き付けるのだろうか。どうして失われたのか、失われる前の姿はどうだったのか、想像の翼が羽ばたくよ。読了日:04月13日 著者:池上 英洋
日本まじない食図鑑: お守りを食べ、縁起を味わう日本まじない食図鑑: お守りを食べ、縁起を味わう感想わたし用に借りた本。まじない食とは、食べることが出来るお守りのこと。茄子だったりきゅうりだったりコンニャクだったり。その土地ならではの謂れがあって、民俗学に興味がある人向きの本。読了日:04月14日 著者:吉野 りり花
SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術感想わたし用に借りた本。よくもこんなに睡眠に関するリサーチをしたものだなあ。本職だから当たり前なのかもしれないけれど、その努力を公開してしまえる度量があるよね。おかげで、自分にあう睡眠方法をじっくり探すことが出来る。これだけあればどれかはヒットしそうだよ。読了日:04月15日 著者:ショーン・スティーブンソン
家具でつくる本の空間家具でつくる本の空間感想わたし用に借りた本。いつから図書館という建物は、美を備えるようになったのだろうか?ただ本があるだけの図書館には、人は集まらないということなのかな。確かに座り心地のいい椅子があれば長居をしてしまうのだけどね。読了日:04月16日 著者:藤江和子アトリエ
そろそろ、部活のこれからを話しませんか 未来のための部活講義そろそろ、部活のこれからを話しませんか 未来のための部活講義感想わたし用に借りた本。なんとなく知っているというだけの部活の問題を、もっと詳しく知りたくて手に取ったわ。学術論文をもとに、平易に書き起こしたそうで、こういう読者思いの学者さんがもっと増えてくれることを希望するなあ。読了日:04月16日 著者:中澤 篤史
幽霊の春-新・若さま同心 徳川竜之助(8) (双葉文庫)幽霊の春-新・若さま同心 徳川竜之助(8) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。あああ、終わってしまった。やよいちゃんとくっつくシーンが、見られるんじゃないかと期待していたのになあ。それにしても稀にみるあとがきの長さ。新作は三百万の価値があるのか。読了日:04月16日 著者:風野 真知雄
傷つけ合わない関係をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)傷つけ合わない関係をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)感想わたし用に借りた本。心をぎゅうぎゅうに縛り付けているイメージから、ふわっと紐をほどくように楽になっていくイメージへ。物事の視点を変えれば問題が解決するかもしれないよ、と呼びかけてくれる本だった。さっそく気になったフレーズを書き留めよう。読了日:04月18日 著者:心屋仁之助
ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女感想わたし用に借りた本。どうしてテロが頻発する現状が出来上がってしまったのかを、過去の植民地時代から振り返って分かりやすく解説してあったわ。ミサイルを落とす無人ドローン機にかかる数十億円を、ぜひ学校建設と教育のために使って欲しいね。読了日:04月19日 著者:宮田 律
「0から1」の発想術「0から1」の発想術感想わたし用に借りた本。世界を相手にしている人の考えはスケールが違う。自分が井の中の蛙であることを確認するためにも、大前さんの本は定期的に読まないといけないな。読了日:04月26日 著者:大前 研一
超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方感想わたし用に借りた本。自分の頭の中を、そもそもこういうふうに整理してみたいわ。そのためにも、ノートに書きだす作業というのが、大事なのかもしれないなあ。読了日:04月26日 著者:佐藤ねじ
新装版 仕事が速い女性がやっている 時間のルール (日経WOMAN別冊)新装版 仕事が速い女性がやっている 時間のルール (日経WOMAN別冊)感想わたし用に借りた本。大変申し訳ないけれど、ネタ本としか思えなかった…これを読んで本当に、「これでわたしは輝ける」と思っている人がいるんだったら、それはそれでいいけどね。わたしには痛々しかったわ。読了日:04月26日 著者:
折れない心の作り方折れない心の作り方感想わたし用に借りた本。折れやすさを樹に例えて解説しているところが、齋藤先生らしいと思った。簡単に思い浮かべることが出来ると、それだけ使いやすい技になる。読了日:04月30日 著者:齋藤 孝
読書メーター
14 : 00 : 38 | 読書コーナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<どっちが学生なのか | ホーム | 家庭訪問かもしれない?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/8683-938d541e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |