2017年3月に読んだ本まとめ
2017 / 04 / 01 ( Sat )
3月の読書メーター読んだ本の数:43読んだページ数:9007ナイス数:107双竜伝説-若さま同心徳川竜之助(12) (双葉文庫)双竜伝説-若さま同心徳川竜之助(12) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。おお!かっこいい!ここまで竜之助がかっこよかった回があったろうか。きっとその直前に出会った人に、感化された結果なんだろうなあ。人と人とのなんと奇妙な縁よ。読了日:03月01日 著者:風野 真知雄
最後の剣-若さま同心徳川竜之助(13) (双葉文庫)最後の剣-若さま同心徳川竜之助(13) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。シリーズ最終巻。ああ、終わったなあ。くっついて欲しいほうと、くっついてたわ。そして、わたしは知っている。若様同心には新シリーズがあることを!もちろん追いかけるよ!読了日:03月01日 著者:風野 真知雄
このミステリーがすごい! 2015年版このミステリーがすごい! 2015年版感想わたし用に借りた本。次はどんな本に手を出そうかしら。世の中にはまだまだ未知なる本がいっぱい。目が二つじゃ足りないくらいよ。読了日:03月01日 著者:
都道府県の特産品 お菓子編都道府県の特産品 お菓子編感想わたし用に借りた本。熊本県は陣太鼓よりも武者返しのほうが美味しいと、夫がうるさかった。わたしが陣太鼓を食べたのは子ども時代だけれど、確かにあまり好みではなかったなあ。読了日:03月05日 著者:
熊楠の星の時間 (講談社選書メチエ)熊楠の星の時間 (講談社選書メチエ)感想わたし用に借りた本。あ~、難しい、難しいよ!いつものパターンだ!分かる人に分かるように書かれていて、分からない人には分からない本。大学の先生が書くと、よくこういう本が出来上がる。内輪ネタってやつだ。読了日:03月05日 著者:中沢 新一
片桐大三郎とXYZの悲劇片桐大三郎とXYZの悲劇感想わたし用に借りた本。ネタバレ注意。最終章のひっかけは、同じパターンをどこかで見たわ。よく使われる手なのかしら?読者としては、ひっかけられた感が心地いいよね。読了日:03月07日 著者:倉知 淳
てづくりお香教室てづくりお香教室感想わたし用に借りた本。自分でお香を作れるなんて素敵だなあ、と思って本を借りたけれど、道具を一揃え買い求めなくてはいけないようだから諦めることに。まあそりゃそうだ。読了日:03月10日 著者: 
象印の夜-新・若さま同心徳川竜之助(1) (双葉文庫)象印の夜-新・若さま同心徳川竜之助(1) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。帰ってきた若さま同心、福川竜之助!たしかにねえ、前のシリーズは同心ネタより風鳴の剣ネタが先行しすぎちゃって、早々と終了してしまったものなあ。再開を喜ぼう!読了日:03月10日 著者:風野 真知雄
化物の村-新・若さま同心徳川竜之助(2) (双葉文庫)化物の村-新・若さま同心徳川竜之助(2) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。新シリーズになってからは、まるまる一冊が一編になったんだねえ。読みごたえのある謎解きに大満足だよ。新たな登場人物に振り回される様も面白い趣向。まだまだ飽きないなあ!読了日:03月10日 著者:風野 真知雄
バーニング・ワイヤーバーニング・ワイヤー感想わたし用に借りた本。リンカーン・ライムシリーズも第九弾よ。ここにきて、またしてもあいつがやってきた。そして大きな敵のあとには、小さな報酬が待っているものなんだ。読了日:03月11日 著者:ジェフリー ディーヴァー
カリブーの足音 (月刊たくさんのふしぎ2016年12月号)カリブーの足音 (月刊たくさんのふしぎ2016年12月号)感想図書館で読んだ本。これはもっと詳細が知りたくなる本。キャンプの設営、薪割り、焼きたてのパン、雪原のオオカミ。ワクワクすることばかりだ。読了日:03月11日 著者:大竹英洋
私たちはどこから来て、どこへ行くのか: 科学に「いのち」の根源を問う (単行本)私たちはどこから来て、どこへ行くのか: 科学に「いのち」の根源を問う (単行本)感想わたし用に借りた本。あー、事前の復習が足りてなかった。この本をスッと読むには、エントロピーがなにか分かっているくらいの知識量が必要。ちなみにエントロピーとは、熱力学および統計力学において定義される示量性の状態量だそうだよ。そもそも示量性が分からない。読了日:03月11日 著者:森 達也
平城京のごみ図鑑: 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし (視点で変わるオモシロさ!)平城京のごみ図鑑: 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし (視点で変わるオモシロさ!)感想わたし用に借りた本。面白い企画だねえ。こうした企画を思いつくことが出来る人になりたいなあ。同じごみでも、見方が変わればエンターテイメントだ。読了日:03月12日 著者:文化財研究所奈良文化財研究所=
LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方感想わたし用に借りた本。しかし!これは買わないといけないんじゃなかろうか!だって2巻が読みたいもんねえ。うんちくも素晴らしいし、漫画のコマ割りも秀逸だ。読了日:03月12日 著者:麻生 羽呂,篠原 かをり
隠密 味見方同心(七) 絵巻寿司 (講談社文庫)隠密 味見方同心(七) 絵巻寿司 (講談社文庫)感想わたし用に借りた本。今回は進みが早かったな。次か、次の次の巻で終わるんじゃなかろうか。そんな嫌な考えが脳裏をよぎる。読了日:03月12日 著者:風野 真知雄
「なんとかなる」ではどうにもならない定年後のお金の教科書「なんとかなる」ではどうにもならない定年後のお金の教科書感想わたし用に借りた本。最新の情報をインプットするために読んだわ。隅から隅まで覚えられるわけじゃないんだけど、「ああ、これは読んだわ。」という効果がいつかどこかで現れる。はず。読了日:03月12日 著者:山中 伸枝
トコトンやさしいバイオミメティクスの本 (今日からモノ知りシリーズ)トコトンやさしいバイオミメティクスの本 (今日からモノ知りシリーズ)感想わたし用に借りた本。トコトンやさしいかどうかは、読む人次第ね。分かる人には簡易過ぎて、分からない人には飛ばし過ぎてる。読了日:03月13日 著者:下村 政嗣
明智小五郎対金田一耕助―名探偵博覧会〈2〉 (ミステリー・リーグ)明智小五郎対金田一耕助―名探偵博覧会〈2〉 (ミステリー・リーグ)感想わたし用に借りた本。大好きな金田一耕助編と、とあるベルギーの高名な名探偵編を読む。が!あとがきにもあるように、ファンにとっては受け入れにくい部分があることも事実。それを踏まえて読むべきだったねえ。読了日:03月13日 著者:芦辺 拓
人生はZOO(ずー)っと楽しい! ―毎日がとことん楽しくなる65の方法人生はZOO(ずー)っと楽しい! ―毎日がとことん楽しくなる65の方法感想14歳のお姉ちゃんが借りた本。面白かったからと勧めてくれたわ。名言好きなわたしにどんぴしゃりだった!自分のこれまでの生活を振り返るのに、これからの人生を築くのに、名言は欠かせないもんね。読了日:03月13日 著者:水野 敬也,長沼 直樹
みんなのノート―中学生の巻みんなのノート―中学生の巻感想14歳のお姉ちゃん用に借りた本。大人が読むことで、自分が思春期だったときのことを思い出すことが出来るとともに、子どもの訳の分からないイライラの原因を推しはかることが出来るようになる。かも。読了日:03月14日 著者:金子 由美子,橋本 早苗
密売人 (ハルキ文庫 さ 9-6)密売人 (ハルキ文庫 さ 9-6)感想わたし用に借りた本。ネタバレ注意。最初の事件からもう六年が経っているのだなあ。そろそろ小島さんの歳が気になりだしたよ。しかし大人のカップルは、歳なんて関係ないものなのか。さすが大人だなあ。読了日:03月15日 著者:佐々木 譲
出世酒場 ビジネスの極意は酒場で盗め (ビジネス書)出世酒場 ビジネスの極意は酒場で盗め (ビジネス書)感想わたし用に借りた本。出世とかビジネスとか、あまり期待しない方がいいねえ。たんなる呑兵衛の酒場自慢だよ。どんな酒場が好きなのかは人によるから、まずは立ち読みをおススメするわ。読了日:03月15日 著者:マッキー 牧元
薄毛の秋-新・若さま同心 徳川竜之助(3) (双葉文庫)薄毛の秋-新・若さま同心 徳川竜之助(3) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。なんだか救われない話だったなあ。しかし、お金に困ったときに他人のお金に頼るから、こうなってしまうんだろうね。他山の石としなくてはならないなあ。読了日:03月16日 著者:風野 真知雄
すぐやる人に変わる 心理学フレームワークすぐやる人に変わる 心理学フレームワーク感想わたし用に借りた本。見開き1ページに端的にまとめるのは難しかっただろうなあ。しかしその努力のおかげで、こうしてスラスラ読めてしまうわけだ。ありがたいなあ。読了日:03月16日 著者:佐々木 正悟
中学生のための「個性(タイプ)別」超勉強法中学生のための「個性(タイプ)別」超勉強法感想わたし用に借りた本。この本、中学生向けに書かれているけれど、果たして読み通すことが出来る中学生がどれだけいるのか。20年前の出版なので、現代とのギャップはあれども、基本的な勉強に関する考え方は変わらないものだね。読了日:03月16日 著者:中山 治
大接近!  工場見学 (1) おべんとクンミートボールの工場〈チルド食品〉大接近! 工場見学 (1) おべんとクンミートボールの工場〈チルド食品〉感想12歳の弟くん用に借りた本。家で肉団子を作る際の、手順やレシピと変わらない。手作りの味を目指しているだけはあるなあ。しかし、工場ものの本は迫力があっていい。読了日:03月19日 著者:高山 リョウ
とってもわんだふる!  イヌのひみつ (なぜ? どうして? ペットのなぞにせまる)とってもわんだふる! イヌのひみつ (なぜ? どうして? ペットのなぞにせまる)感想12歳の弟くん用に借りた本。犬はひざの上に乗せてはいけない。自分のほうの立場が上だと勘違いしてしまうから。そんなことも知らなかったわ。読了日:03月19日 著者:小野寺佑紀
図解 働き方: 「なぜ働くのか」「いかに働くのか」 (単行本)図解 働き方: 「なぜ働くのか」「いかに働くのか」 (単行本)感想わたし用に借りた本。これだけ仕事に打ち込むことは大変すばらしいと思うんだけど、打ち込める環境を整えてくれた人のことはどこに出てきた?読了日:03月19日 著者:稲盛 和夫
図解とQ&Aでわかる パート・契約社員・派遣社員の法律問題とトラブル解決法 (すぐに役立つ)図解とQ&Aでわかる パート・契約社員・派遣社員の法律問題とトラブル解決法 (すぐに役立つ)感想わたし用に借りた本。これから働き口を探すにあたって、余計なトラブルを回避するためにも、こういう知識は頭に入れておいた方がいいのかなあって思った。読了日:03月20日 著者:
本気で取り組む災害食 個人備蓄のすすめと公助のあり方本気で取り組む災害食 個人備蓄のすすめと公助のあり方感想わたし用に借りた本。これはぜひとも、市役所や県庁の、そういう部門の人に読んでもらいたいねえ。経験をいかすって当たり前のことだけど、そもそも知らないとどうしようもないもの。読了日:03月21日 著者:奥田 和子
6度目の大絶滅6度目の大絶滅感想わたし用に借りた本。日本語で書かれた、もしくは日本語に訳された本しか読まないことで、自分がどれだけ狭い世界を生きているのかを思い知らされるのは、こうした本に出会ったときだよね。内容の深淵さもさることながら、大変な衝撃を受けたわ。読了日:03月22日 著者:エリザベス・コルバート
しゅくだい (えほんのマーチ)しゅくだい (えほんのマーチ)感想病院の待合室で読んだ本。いいなあ、この宿題!必要としているのは決して、低学年の子どもだけじゃないと思うんだ。理由がないと、出来ない子もいるだろうし!読了日:03月22日 著者:宗正 美子,いもと ようこ
かがみもちってなぁに?かがみもちってなぁに?感想病院の待合室で読んだ本。鏡餅の大小が太陽と月を表していたなんて、ついぞ知らなかったわ。絵本から得られる知識のあなどれないこと!読了日:03月22日 著者:エイキミナコ
もしも日本人がみんな米つぶだったら (講談社の創作絵本)もしも日本人がみんな米つぶだったら (講談社の創作絵本)感想病院の待合室で読んだ本。お米が好きだから、茶碗に盛られた白米の写真はズルいと思った。このあたりを絵にしなかったのは、まちがいなく確信犯だな。読了日:03月22日 著者:山口 タオ
人質 (ハルキ文庫 さ)人質 (ハルキ文庫 さ)感想わたし用に借りた本。佐伯さんシリーズ。何弾目?いつも思うんだけど、事件を解決したあとのみんなをもっと見ていたい。今回はとくにそう思ったわ。あの場所でどんな会話がなされるのか、想像すると笑みが浮かぶわ。読了日:03月24日 著者:佐々木 譲
南蛮の罠-新・若さま同心 徳川竜之助(4) (双葉文庫)南蛮の罠-新・若さま同心 徳川竜之助(4) (双葉文庫)感想わたし用に借りた本。新・若さま同心第四弾。このあたりから、やよいと竜之助の気持ちが交錯してくるのねえ。しかしこの巻を読んでしまったら、玉子かけご飯が食べたくなって仕方がない。しかも丼で、だ!読了日:03月26日 著者:風野 真知雄
あなたの部屋に神様のお家を作りませんかあなたの部屋に神様のお家を作りませんか感想わたし用に借りた本。祀りたくなってしまったよ、神棚を。どうせ同じ人生ならば、お願いをするんじゃなくて、感謝をしながら生きていたいもの。読了日:03月26日 著者:窪寺 伸浩
リターン 洞くつ壁画のまほう (講談社の翻訳絵本)リターン 洞くつ壁画のまほう (講談社の翻訳絵本)感想わたし用に借りた本。このシリーズは、柔らかい空気や光を感じさせる絵で、文をはさむことなく物語が展開していく。とても美しいとともに、とてもスペクタクルな絵本だ。読了日:03月27日 著者:アーロン・ベッカー
地層捜査地層捜査感想わたし用に借りた本。最後の最後まで分からなかった。ということは、最後の最後まで楽しめたということ。シリーズの続きを追うよ!読了日:03月29日 著者:佐々木 譲
お金のプロに聞いてみた! どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?お金のプロに聞いてみた! どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?感想わたし用に借りた本。新しい知識を注入するために手に取ったわ。「すてきな奥さん」あたりに掲載されてそうな節約ネタから、銀行の裏側のえぐみまで。もっと知りたいなら公式HPを、という内容だった。読了日:03月29日 著者:坂下 仁,宮大 元
人間の分際 (幻冬舎新書)人間の分際 (幻冬舎新書)感想わたしが持っている本。図書館で予約を入れたら、かなりの数の待ちがあったため自分で購入するも、購入したら安心して読まないという典型を辿った本。しかし、この本は一気読みするべき本ではなかったので、案外正解の道だったのかもしれない。読了日:03月29日 著者:曽野 綾子
代官山コールドケース代官山コールドケース感想わたし用に借りた本。水戸部さんシリーズ第二弾。今回の相棒は女性警察官だよ。しかし真の相棒は中島なんだろうなあ。中島の今後に期待!読了日:03月30日 著者:佐々木 譲
マンガおれたちロケット少年(ボーイズ)―知ってる?おちんちんのフシギマンガおれたちロケット少年(ボーイズ)―知ってる?おちんちんのフシギ感想12歳の弟くん用に買った本。もうすぐ中学生だもんね。母親からは教えてあげられないこと、または教わりたくないこともあるだろうから、こういう本に頼ることにしたわ。先走った友達から、変な知識を仕入れてくる前にね。読了日:03月31日 著者:手丸 かのこ,金子 由美子
読書メーター
18 : 06 : 25 | 読書コーナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お花見なんだけどねえ | ホーム | 初グリーンランド>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/8656-457e2288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |