2016年11月に読んだ本まとめ
2016 / 12 / 01 ( Thu )
11月の読書メーター読んだ本の数:28読んだページ数:6202ナイス数:114池上彰とホセ・ムヒカが語り合った ほんとうの豊かさって何ですか?池上彰とホセ・ムヒカが語り合った ほんとうの豊かさって何ですか?感想わたし用に借りた本。13才のお姉ちゃんも手に取って読んでいたなあ。本当に豊かな人は、なにも欲していない人。あれが欲しいこれが欲しいと言っているうちは、どんなにお金を持っていても貧しいんだ。読了日:11月01日 著者:池上 彰
個性は遺伝子で決まるのか (BERET SCIENCE)個性は遺伝子で決まるのか (BERET SCIENCE)感想わたし用に借りた本。これまでの遺伝子研究の流れをレクチャー後、では今はどう解釈されているのかを説明。あまりにも偶然の産物過ぎる遺伝子の継承に驚くばかり。読了日:11月01日 著者:小出 剛
旭山動物園の奇跡旭山動物園の奇跡感想わたし用に借りた本。今ではあまりにも有名になった旭山式展示だけれど、こんなにも長い苦節の時があったんだ。当時、動物園を批判していた市長や議員の、今の顔が見てみたい。読了日:11月05日 著者:
東北の刺し子東北の刺し子感想わたし用に借りた本。見た目の美しさもさることながら、背景にあった東北の人たちの暮らしぶりを知ると、なお温かく愛しく思えてくるねえ。読了日:11月05日 著者:
切手女子のかわいい収集BOOK切手女子のかわいい収集BOOK感想わたし用に借りた本。そうそう、わたしも集めていたんだよね。まだ小学生のころだったなあ。国内だけじゃなく、海外の切手も通販で買っていたわ。あの切手たちは、今はどこへ行ったやら…読了日:11月05日 著者:ばば ちえ
楽しい動物化石楽しい動物化石感想11才の弟くん用に借りた本。どこかで見たことがある写真が多いなあと思ったら、最近、同じ著者の本を読んだんだった。弟くんは楽しく読んでくれたみたいだったから、いいか!読了日:11月05日 著者:土屋 健,芝原 暁彦
玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)感想わたし用に借りた本。なんと、これが初の海堂尊さん本だったりする。異質かしら?ここで弾みをつけて、バチスタシリーズに乗り込むか。読了日:11月05日 著者:海堂 尊
マル暴総監マル暴総監感想わたし用に借りた本。甘糟シリーズ第二弾。いかんなあ、いかん。けしからん面白さだった。これは購入を考えるレベル。そもそも買いそろえている大好きな任侠学園シリーズの姉妹版でもあるし、手が伸びるのは仕方がないなあ。読了日:11月14日 著者:今野 敏
ダークマターと恐竜絶滅―新理論で宇宙の謎に迫るダークマターと恐竜絶滅―新理論で宇宙の謎に迫る感想わたし用に借りた本。時間切れで前半のみ読了。分かりやすいなあ。これまで宇宙の始まりに関する本を、手当たり次第に読んでいたから、ついていけるのかと思ったけれど。違うね。訳者さんの努力も大いにあると感じたわ。読了日:11月14日 著者:リサ・ランドール
なぜ老いるのか、なぜ死ぬのか、進化論でわかるなぜ老いるのか、なぜ死ぬのか、進化論でわかる感想わたし用に借りた本。逆にこちらは、訳者さんにもう少し頑張ってもらいたい本。英語を日本語にするときに、熟語にばかり訳されると理解しにくい。せっかく漢字には訓読みという、柔らかな文化があるのだから、使ってほしいねえ。読了日:11月14日 著者:ジョナサン・シルバータウン
家飲みを極める (NHK出版新書 487)家飲みを極める (NHK出版新書 487)感想わたし用に借りた本。料理は突き詰めると化学になる。もうこの状態は、試作ではなく実験だな。自分でここまでやるか?と問われれば、酔った勢いならやるかもしれないと答えるね。読了日:11月16日 著者:土屋 敦
マグカップケーキマグカップケーキ感想わたし用に借りた本。マグカップに入ったケーキってなんだか可愛い。じゃあ、自分でも…って作る気にはならない不思議。眺めているだけでいいの。食べられるならもっといいけど。読了日:11月16日 著者:本間 節子
継続捜査ゼミ継続捜査ゼミ感想わたし用に借りた本。今野敏さんの新シリーズ!今までにない明るい設定のせいか、紙面まで白く輝いて見える。こういう切り口もあったんだ。絶対に追いかけるシリーズ!読了日:11月16日 著者:今野 敏
メンタルが強くなる60のルーティンメンタルが強くなる60のルーティン感想わたし用に借りた本。安定の中谷さん本だけれど、あまり響く言葉がなかったなあ。ということは、今のわたしは、メンタルが弱っていないということか!それはそれでいいな!読了日:11月18日 著者:中谷 彰宏
その症状は天気のせいかもしれません 医師が教える気象病予防その症状は天気のせいかもしれません 医師が教える気象病予防感想わたし用に借りた本。そうだよねえ、気圧と頭痛の関係ははよく聞く話だよね。人間はこの地球上で、一番強い生き物なのではなく、なんとなく自然から、生かされているだけの存在なのかもしれないと思った。読了日:11月18日 著者:福永 篤志
幸せになる遺伝子の使い方幸せになる遺伝子の使い方感想わたし用に借りた本。サムシング・グレートという言葉を初めて認識したのは、松下幸之助さんの本だったと思う。けれども、出所はこちらだったのか…科学者が宗教について考えると、ここに行きつくのか、という見本のような本だった。読了日:11月19日 著者:村上 和雄
およばれのテーブルマナーおよばれのテーブルマナー感想11才の弟くん用に借りた本。絵本だよ。パンにソースをつけちゃダメなのか…美味しいソースを残さず食べるには、どうしたらいいんだ…読了日:11月19日 著者:フィリップ・デュマ
たった2分で、やる気を上げる本。: 君の「闘う心」を呼び覚ます63の言葉のカンフルたった2分で、やる気を上げる本。: 君の「闘う心」を呼び覚ます63の言葉のカンフル感想わたし用に借りた本。赤い色をこまめに使うという手法はいいねえ。それだけでメラメラしてこない?本のページですらこうなのだから、イザというときは役に立ちそうな気がするなあ。読了日:11月22日 著者:千田琢哉
野生動物は何を見ているのか―バイオロギング奮闘記 (キヤノン財団ライブラリー)野生動物は何を見ているのか―バイオロギング奮闘記 (キヤノン財団ライブラリー)感想わたし用に借りた本。千石さんをテレビで見て、この人すごいなあと思っていた小さいころ。でも、この本を読んで考えを改めた。研究者ってみんなあんなことやってるんだね。いろいろな意味ですごいよ。読了日:11月22日 著者:佐藤 克文,青木 かがり,中村 乙水,渡辺 伸一
30代にやっておいてよかったこと30代にやっておいてよかったこと感想わたし用に借りた本。なんだかだんだん、タイトルを忘れていくような内容になっていったわ。だけれども、これが中谷さんが30代にしておいて欲しいと思うことなんだろうなあ。コレクションかあ。読了日:11月23日 著者:中谷 彰宏
「見かけ」が仕事を決める!「見かけ」が仕事を決める!感想わたし用に借りた本。そうそう、こういう本を求めていたのよ。オールカラーで写真がいっぱい、見聞きしたことがない固有名詞が出てきても、すぐそばに実例が載っている。男性ファッションの世界も奥深い。読了日:11月23日 著者:大森 ひとみ
真贋真贋感想わたし用に借りた本。ようやく回ってきた秋穂ちゃんシリーズ。第二弾にしてこの貫禄。これまでのシリーズが決して軽かったわけではないのに、年を重ねるごとに深くなる今野敏さんワールドに舌を巻く。読了日:11月23日 著者:今野 敏
世界のへんな肉世界のへんな肉感想夫が借りた本。日本にいては食べられない、そんな肉ばかりねえ。食べたいと思ったのはワニかな。血抜きの仕方や料理方法で、美味しくなる肉はもっとあるんだろうなあ。読了日:11月24日 著者:白石 あづさ
脳にきく色 身体にきく色 (日経プレミアシリーズ)脳にきく色 身体にきく色 (日経プレミアシリーズ)感想わたし用に借りた本。あとがきを見て納得。そうなんだよ、論文っていうのはその道の専門家が読むことを前提にしてあるから、素人には難解すぎるんだよ。こういう噛み砕き本がもっと増えてくれないかなあ。読了日:11月26日 著者:入倉 隆
隠密 味見方同心(一) くじらの姿焼き騒動 (講談社文庫)隠密 味見方同心(一) くじらの姿焼き騒動 (講談社文庫)感想わたし用に借りた本。ネタバレ注意!ええええ!死んだあああああ!まさかの主人公がシリーズ第一弾で死んだああああ!これほど驚かされた第一弾もないわ。さっそく第二弾を予約!読了日:11月26日 著者:風野 真知雄
潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官感想わたし用に借りた本。昆虫先生シリーズもついに第五弾かあ。今回はそこまで虫についてのグログロしたシーンはなかったなあ。いや、アリは怖かったけどね?それよりも人間の内面の暗さが際立った話だったよ。読了日:11月29日 著者:川瀬 七緒
今なら間に合う   脱・貧困老後今なら間に合う 脱・貧困老後感想わたし用に借りた本。知識注入系。ああ、怖いなあ。現70代、80代の人たちの、考えが決して甘かったわけではないと思うんだ。そういう世の中になってしまった、としか言いようがない。核家族やパラサイトシングルなんて言葉が、なかった時代なんだよ。わたしが70代になるころ、「家族」の姿はどうなっているのだろう。読了日:11月29日 著者:サンデー毎日取材班
幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く感想わたし用に借りた本。仏教講師…そんな職業もあるんだ。幼少期の行いと、東大合格という経歴と、今がなかなか繋がらないから、きっと大きな転換期があったんだろうねえ。作者のそんな過去に思いをはせながら読むと、さらに深い。読了日:11月30日 著者:岡本 一志
読書メーター
09 : 49 : 44 | 読書コーナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ベルマーク打ち上げ | ホーム | 狂言>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/8566-5ca0bb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |