ベッタラビネガー
2016 / 02 / 13 ( Sat )
たくさん大根をもらったときに

つくるのがお漬物

我が家では主に

「なんちゃってべったら漬け」をつくるわ

りんご酢と砂糖を揉みこんで

しばらく漬け置くだけ

みるみる大根から汁が出てきて

代わりに大根に味がしみていくわ


さて、

なんちゃってべったら漬けは

これで出来上がるんだけど

副産物があるわねえ?

べったら汁と呼ぶよりは

かっこいいから

ベッタラビネガーとでも

名づけてみようかしら?

大根から出てきた汁が

りんご酢と砂糖と混ざったものよ

そのまま飲んでも美味しいんだけど

ここはちょっと発想を変えて

リン酢にしてみようと思うわ

リン酢ってきっと

石けん生活してる人だけに

通じる呼び名よねえ

石けん≒シャンプー

酢≒リンス

こういう構図になっているわ

石けんで洗髪をしたあとの頭皮と髪が

ややアルカリ性になっているため

酢を用いて酸性に戻すのよ

盃に一杯ほどの酢を

洗面器に満たしたお湯に入れて

それで髪を注いであげると

サラサラになるっていう寸法ね

だから酢じゃなくても

ある程度の強さの酸性の液体なら

リン酢として活用できそうじゃない?

以前、酢を切らしたときに

グレープフルーツジュースで

代用したこともあるのよ


ということで、

好奇心を抑えられないわたし

さっそくやってみたのよ

そして気が付いたわ

髪から「べったら臭」がするのってどうなの?

ありなの?なしなの?

ちなみに明日は新年会よ

どうしてこんなタイミングで

試したんだろうね

でも髪はサラサラになったわ

よしとしておこうかしら?
01 : 52 : 22 | 日常風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日の石けん事 | ホーム | 畑の恵みを>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/8259-41c753d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |