新人にあたる日
2016 / 01 / 31 ( Sun )
誰にでも

新人時代があるよね

それが分かっているから

苦情を言うようなことは

しないんだけど

昨日はあまりにも

新人遭遇率が高くて

ちょっと笑ってしまったわ


最初は自動車整備店にて

自分の父親くらいの年齢のスタッフさんが

慣れない接客業に四苦八苦で

わたしの車検の受付をしてくれたわ

たぶん必要書類のどこを見ていいのかも

分かってないんじゃないかなあ

と、こちらがハラハラする

通常ならここで

「ご自宅のキーは外してありますか?」

とか

「車内に貴重品はございませんか?」

とか

聞かないといけないんだけどね

それも全くなかったわ

あとで怒られないといいなあ

と思いつつも

店長さんのような風格だったので

大丈夫かな?

とも考えてお店を出る


次は立ち寄ったコンビニで

自分の父親以上の高齢のスタッフさん

名札にしっかりと「研修中」って貼ってあったわ

バーコードを読み取っては

レジ画面を確認する慎重な構え

ところが「ピーッ」と警戒音!

「?」

レジ画面と商品を見比べて

無言で首をひねっている

すかさず飛んでくる若い女性スタッフさん

ぱぱぱっとレジ画面を操作して

価格や打ち間違え商品を訂正していく

「こっちは全部打った」

とボソリとつぶやくスタッフさんだけど

女性スタッフさんは商品点数の確認を怠らない

うーむ、プロですな

コンビニ業務は覚えることがたくさんで

大変だと思うけど頑張ってください

と心の中でエールを送ってお店を出る


最後は飲み会の予約を入れたイタリアンのお店で

電話口だから想像でしかないけど

まだ10代の女性スタッフさん

自分で「新人」って言ってたから

新人なのは間違いないわ

予約を取るまでは大丈夫だったんだけど

そのあとの質問攻めがすごかった

「アレルギーはございますか?」

「ご予算はいくらですか?」

「どちらでお店を知りましたか?」

「ご来店したことはありますか?」

「そのときになにを注文されましたか?」

「好きなメニューはありますか?」

そうねえ

10分近くは話したんじゃないかしら?

それから急に黙りこくるので

どうしたのかなあと思っていると

別の人の声が電話口から漏れ聞こえた

「担当者に代わりますって伝えて!」

ああ、このあとどうしていいか

分かんなくなっちゃったのねえ

「担当者に代わります…」

「お待たせいたしました!」

ってすぐ別の人が電話口に出たわ

また最初から予約を入れ直しになったよ

これは指導が入るパターンだなあ

そうやって成長していくんだけど

厳しく言われないといいね

と思って電話を置く


卒業とか迫ってきたしね

この時期はあちこちで

新人さんが頑張っているよね

温かい目で見守りたいね
11 : 07 : 04 | 日常風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<のめりこみ読み | ホーム | 今日の野菜スープ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/8243-838131b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |