2015年12月に読んだ本まとめ
2016 / 01 / 01 ( Fri )
2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:44冊
読んだページ数:12623ページ
ナイス数:137ナイス

アキハバラ (中公文庫)アキハバラ (中公文庫)感想
わたし用に借りた本。碓氷さんシリーズ。前半が長くて、後半が物足りない。なかなか主人公が出てこないパターンは、苦手だなあ。
読了日:12月1日 著者:今野敏
本を読む人だけが手にするもの本を読む人だけが手にするもの感想
わたし用に借りた本。さっそく「勉強サプリ」を調べてみる。「よのなか科」の取り組みは、ぜひとも全国展開して欲しいところ。
読了日:12月2日 著者:藤原和博
なるほど忍者大図鑑なるほど忍者大図鑑感想
10才の弟くん用に借りた本。日本版スパイが忍者だよね。第二次世界大戦のころに、陸軍が忍者のスキルを伝授したという内容に瞠目。こんなことをしたから、横井正一さんたちが生き残ったのかもしれないね。
読了日:12月2日 著者:ヒサクニヒコ
田舎の刑事の趣味とお仕事 (創元推理文庫)田舎の刑事の趣味とお仕事 (創元推理文庫)感想
わたし用に借りた本。いろいろ「?」な部分もあるけれど、キャラ読みと思えばいけるかもしれない。続編も追いかけてみよう。
読了日:12月2日 著者:滝田務雄
ベスト本格ミステリ2013 (講談社ノベルス)ベスト本格ミステリ2013 (講談社ノベルス)感想
夫が借りた本。どんでん返しメインで選択された短編がそろい踏み。好みは分かれると思うねえ。
読了日:12月4日 著者:
陽炎 (ハルキ文庫―東京湾臨海署安積班 (こ3-16))陽炎 (ハルキ文庫―東京湾臨海署安積班 (こ3-16))感想
わたし用に借りた本。安積班シリーズ追いかけ中。こちらは短編集だったわ。だんだんと速水さんの勢いがついてきたような。そして村雨さんと須田さんのコンビネーションが心地よい。
読了日:12月8日 著者:今野敏
くさい食べもの大全くさい食べもの大全感想
わたし用に借りた本。これは発酵食品好きにはたまらないわね。味の想像の域を出るものばかりだわ、手に入らないものばかりだわで、ちょっとした悶絶状態よ。
読了日:12月8日 著者:小泉武夫
最前線―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)最前線―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)感想
わたし用に借りた本。安積班追いかけ中。タイトルと同じ短編、「最前線」が一番印象的だったなあ。なにしろ久方ぶりの大橋さん登場だもんね。村雨さんの軍曹ぶりが、実を結ぶ回だったね。
読了日:12月8日 著者:今野敏
半夏生―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)半夏生―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)感想
わたし用に借りた本。安積班追いかけ中。いつもだけど、気持ちをピリッとさせてもらえるシリーズだなあ。危機に対応できない日本人ではいたくないと思ったよ。
読了日:12月9日 著者:今野敏
花水木―東京湾臨海署安積班花水木―東京湾臨海署安積班感想
わたし用に借りた本。狼男が好きだ。わたしの中で速水さんがどんどん進化していく。しかも、いい意味で、だ!
読了日:12月10日 著者:今野敏
夕暴雨―東京湾臨海署安積班夕暴雨―東京湾臨海署安積班感想
わたし用に借りた本。長編はいいなあ。じっくりと安積さんたちのスタンスを味わえる。カミソリ後藤さんは、今後また出てくるんだろうか。出てきて欲しいなあ。
読了日:12月10日 著者:今野敏
【至急】塩を止められて困っています【信玄】【至急】塩を止められて困っています【信玄】感想
わたし用に借りた本。ちょっと表紙が厚すぎて、読みにくいわ。ファミ通レビュー形式が面白かった。「メールのやり取りって、こうやってするものなのねえ」って、妙な感心を抱いてみたり。
読了日:12月11日 著者:スエヒロ
回想のぬいぐるみ警部回想のぬいぐるみ警部感想
わたし用に借りた本。前回からかなり間が空いたせいか、登場人物の把握にしばらくかかったなあ。表紙と裏表紙で復習するのオススメ。
読了日:12月13日 著者:西澤保彦
神南署安積班 (ハルキ文庫)神南署安積班 (ハルキ文庫)感想
わたし用に借りた本。安積班追いかけ中。シリーズ中、短編は人情にあふれるものが多くて好きだ。今回もそう。須田さんが活躍する場面が多かったね。
読了日:12月13日 著者:今野敏
烈日―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫 こ 3-37)烈日―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫 こ 3-37)感想
わたしが持っている本。この解説を読んで初めて知った。前回のカミソリ後藤さんたちは、パトレイバー絡みだったのか。パトレイバー、知らないんだけどね。
読了日:12月13日 著者:今野敏
残照 (ハルキ文庫)残照 (ハルキ文庫)感想
わたし用に借りた本。とにかく速水さんがカッコイイ。いつも出張っているけど、これだけ出張っても全然嫌味じゃないところがいい。
読了日:12月13日 著者:今野敏
相棒シリーズ 鑑識・米沢の事件簿‾幻の女房‾  (宝島社文庫―「相棒」シリーズ)相棒シリーズ 鑑識・米沢の事件簿‾幻の女房‾ (宝島社文庫―「相棒」シリーズ)感想
わたし用に借りた本。特命係に頼ることなく、最後まで自分の手で犯人を追いつめていくのがいいねえ。2巻もあるらしいので、探してみよう。
読了日:12月13日 著者:ハセベバクシンオー
KING JIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリーKING JIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー感想
わたし用に借りた本。テプラは知っていたけれど、ほかのヒット文具は知らなかったわ!文具好きなのにな~チェックが甘かったな~
読了日:12月13日 著者:宮本彰
晩夏 東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)晩夏 東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)感想
わたしが持っている本。安積班追いかけ中。イライラするねえ、口答えする新人って。もっと、とっちめてやれ!と思ったけども、そうしない速水さんは大人だなあ。
読了日:12月13日 著者:今野敏
祈りの幕が下りる時祈りの幕が下りる時感想
わたし用に借りた本。加賀さんシリーズ最新作。なんだかこのシリーズが、終わりに近づいているようで不安だ。長らく謎だった部分が、ついに解明されたねえ。
読了日:12月14日 著者:東野圭吾
見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか (青春新書インテリジェンス)見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか (青春新書インテリジェンス)感想
わたし用に借りた本。怖いなと思ったのは、実際に連れ去りがあった現場の写真を見て、既視感を覚えたこと。これ、どこにでもある風景じゃないか?つまりそれだけ、日本が危ないということ。
読了日:12月16日 著者:小宮信夫
お金持ちになるための本お金持ちになるための本感想
わたし用に借りた本。科学的って言葉に弱い。ライブドア事件で株から離れたわたしは、気持ちで負けていたんだなあ。
読了日:12月16日 著者:榊原正幸
相棒season3上 (朝日文庫)相棒season3上 (朝日文庫)感想
わたし用に借りた本。このあたり、ドラマで見てるわねえ。当時の状況を思い出して、懐かしくなったわ。テレビドラマひとつ見るのも、大変な苦労だったわ。
読了日:12月17日 著者:輿水泰弘,碇卯人
隠蔽捜査 (新潮文庫)隠蔽捜査 (新潮文庫)感想
わたし用に借りた本。今野敏さん追いかけ中。安積班シリーズがそろそろ心もとない残り冊数になってきたので、新シリーズに手を出す。こ…これは、伊丹×竜崎にしか見えないのだけれど、そういう追いかけ方でいいものだろうか。
読了日:12月18日 著者:今野敏
季節のフラワーリース基礎レッスン: フロリストマイスターが教える 初心者からわかる季節のフラワーリース基礎レッスン: フロリストマイスターが教える 初心者からわかる感想
わたし用に借りた本。ベルマーク活動の役に立ちそうでね。こういうのって基本をちょっと知っているかどうかで、随分違ってくるよね。
読了日:12月20日 著者:橋口学
それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)感想
10才の弟くん用に借りた本。部屋を散らかしほうだいにするので、少しでもその戒めになればと思ってね。なるかなあ、ならないかもしれないなあ。
読了日:12月21日 著者:澤野秋文
安積班読本 (ハルキ文庫)安積班読本 (ハルキ文庫)感想
わたし用に借りた本。地元の図書館に所蔵がないと思ったら、ファンブック的なものだった。それでも短編が掲載されているから見逃せない。初めて警視庁と警察庁の違いを理解したわ。
読了日:12月21日 著者:今野敏
捜査組曲 東京湾臨海署安積班捜査組曲 東京湾臨海署安積班感想
わたし用に借りた本。「組曲」だから章の名前も内容も、それに合わせた作りになっているんだけど、そこまでしなくてもよかったんじゃないかなあ。なんて思うのは、いささかこじつけっぽい感じを受けたからかしら?
読了日:12月21日 著者:今野敏
退職刑事〈5〉 (創元推理文庫)退職刑事〈5〉 (創元推理文庫)感想
わたし用に借りた本。退職さんと現職さんの安定のかけあい。椿先生の登場多め。いよいよ次がラストの6巻だなあ。
読了日:12月21日 著者:都筑道夫
田舎の刑事の動物記 (創元推理文庫)田舎の刑事の動物記 (創元推理文庫)感想
わたし用に借りた本。田舎の刑事シリーズ二冊目。相変わらずといえば相変わらずなんだけど、よりグレードがアップしてきたような。三冊目が気になるのですかさず申し込む。
読了日:12月22日 著者:滝田務雄
潮流―東京湾臨海署安積班潮流―東京湾臨海署安積班感想
わたし用に借りた本。安積班シリーズ追いかけ中。これが今のところラスト巻だね。なんというか、今回は安積班の落ち着きを感じたわ。もちろん無表情で殴る黒木さん込でよ?
読了日:12月22日 著者:今野敏
果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)感想
わたし用に借りた本。隠蔽シリーズ第二弾。主人公に訪れる数々のピンチ。その中でも最大級なのは、お風呂をいれるボタンじゃないかな…。すぐさま第三弾を予約。
読了日:12月23日 著者:今野敏
忙しい人を支える賢者の生活リズム忙しい人を支える賢者の生活リズム感想
わたし用に借りた本。もっとオールマイティな本かと思ったけど、肌に合わなかったわ。クリスチャンではない人にとっては、なかなか理解が厳しいかもしれないねえ。
読了日:12月24日 著者:ケン・シゲマツ
疑心: 隠蔽捜査3 (新潮文庫)疑心: 隠蔽捜査3 (新潮文庫)感想
わたし用に借りた本。この女狐め!と思わないでもない。隠蔽捜査3.5を読むと、仕掛けが分かるんだけど、それまではいい気分がしなかったわ。
読了日:12月26日 著者:今野敏
初陣―隠蔽捜査〈3.5〉 (新潮文庫)初陣―隠蔽捜査〈3.5〉 (新潮文庫)感想
わたし用に借りた本。短編集かつ伊丹さんメイン本。ここでようやくシリーズ3の、畠山さんの謎ときがあるわ。藤本めえええ!竜崎さんになんて試練を与えるんだああ!
読了日:12月26日 著者:今野敏
丑三つ時から夜明けまで丑三つ時から夜明けまで感想
わたし用に借りた本。異質。密室事件の犯人を幽霊と想定した推理小説だよ。でも、最後の章は趣があるなあ。シリーズを終わらせる覚悟ってどんなものだろう。
読了日:12月27日 著者:大倉崇裕
究極の文房具カタログ究極の文房具カタログ感想
わたし用に借りた本。以前、モノクロ写真版で拝読済み。分かりにくいなあと思っていたから、イラスト版で見直すことが出来てよかったわ。同じことを感じている人がいたってことねえ。
読了日:12月27日 著者:高畑正幸
異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)感想
わたしが持っている本。読み直し。豚の角煮が無性に食べたくなった。自分で作るのは面倒くさいんだよなあ…
読了日:12月27日 著者:犬塚惇平
異世界食堂 2 (ヒーロー文庫)異世界食堂 2 (ヒーロー文庫)感想
わたしが持っている本。3巻はいつ出るんだろうなあ。HPのほうでは、続きが書かれていない気がするから不安だわ。
読了日:12月28日 著者:犬塚惇平
辺境の老騎士 1辺境の老騎士 1感想
小説家になろうHPより。最初はほのぼの系だと思っていたんだけどね、頭がい骨をかち割ったあたりから物騒になってきたね。そりゃあ、脳漿も飛び出るわ。
読了日:12月29日 著者:支援BIS
辺境の老騎士2 新生の森辺境の老騎士2 新生の森感想
小説家になろうHPから。カタカナの人物名や国名を覚えるのが難解すぎて、曖昧に聞き流すように。ストーリーさえ追えればそれで十分なので、なんとかなってるわ。
読了日:12月29日 著者:支援BIS
辺境の老騎士3 バルド・ローエンと王国の太子辺境の老騎士3 バルド・ローエンと王国の太子感想
小説家になろうHPから。悪い癖で読み始めたら止められないわ。恋愛事情も絡んで来て、ますます目が離せなくなってきた。
読了日:12月29日 著者:支援BIS
盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)感想
小説家になろうHPより。うーむ、この表紙では髪の毛がピンクなのだね…茶色って設定のはずだけど…こういうちぐはぐにまだ慣れない。
読了日:12月30日 著者:徒然
盟約の花嫁 (2) (角川ビーンズ文庫)盟約の花嫁 (2) (角川ビーンズ文庫)感想
小説家になろうHPより。文庫に入っているのか分からないけど、番外編が一番気に入っていたりするわ。小さい黒い竜の赤ちゃん、可愛いだろうなあ。
読了日:12月30日 著者:徒然

読書メーター

16 : 54 : 06 | 読書コーナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新年もよろしくお願いします | ホーム | 手放せない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/8212-f0495d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |