自律と共助を学ぶ
2015 / 07 / 16 ( Thu )
5月から

夫とわたしの

教育体制をチェンジして

子どもたちに対応してきたの

これまでのわたしの

指示出し方式ではなく

子どもたちが自分で考え

自分で予定をたてて行動する

そんな夫が推奨するスタイルにしたのだけど

まだまだ早すぎたようで駄目だったわ

どこまでも自分に甘い子どもたち

親のいない間に好きなだけ

漫画を読んだり夜更かししたり

約束したことを守ることが出来ず

朝は起きられなくて不機嫌になり…

とうとう夫の堪忍袋の緒が切れたわ

これまで子どもたちは

自由時間が少ないことに

不平をもらしていたのだけど

自由時間をこれまでより

たくさんもらっても

それだけでは飽き足らないことが

今回のことでようやく分かったと思う

つまり

自由時間とはその長さではなく

充実度が大事なわけで

短い時間でもとことん楽しめば

それは満足のいく結果になるわけよね

ダラダラ過ごす自由時間は

何時間あっても有効じゃないのよ

貴重だからこそ大切に使う

それが自由時間の本来のあり方だと

わたしは考えるわ

そして規律ある生活を送る習慣を

子どものときに身につけておかないと

大人になってからじゃ遅いと思うから

夜は22時に就寝とか

朝は6時に起床とか

家族のルールを守ることも

みんなで暮らす家を心地よく保つことも

子どもたちには当たり前のこととして

認識していて欲しいと思うのよ

というわけで今日から

わたしの指示出し方式の復活

やるべきことをやってから

やりたいことに取りかかる

この順序を守ることを

今後はしっかり覚えてもらうつもりだよ

そしてやるべきことのなかに

自分のためだけじゃなく

みんなのためになることを含ませる

一緒に暮らす仲間を思いやることで

集団生活がよりよいものになるんだということを

身をもって学んでほしいと思うわ


子どもたちが出来なかったことではなく

出来たことに目を向けて

なるべく褒めてあげたいと思うけど

そうもいかない日もあるだろうなあ

ちょうど夏休みに入ることだし

ゆっくりめに始めて行こうねえ
13 : 12 : 37 | 日常風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夏の課外授業 | ホーム | かたじけない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/8040-4e3c5c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |