3月に読んだ本まとめ
2015 / 04 / 01 ( Wed )
2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:33冊
読んだページ数:9084ページ
ナイス数:165ナイス

からだ想いさんの10分「ぷちトレ」ダイエットからだ想いさんの10分「ぷちトレ」ダイエット感想
わたしが持っている本。ポチッたよ。手元に置いてしっかりぷちトレ続けたい。三か月後が楽しみすぎる。
読了日:3月2日 著者:石井直方
その働き方ムダですよ~コスパを高める仕事術~その働き方ムダですよ~コスパを高める仕事術~感想
わたし用に借りた本。「諦める」は「明らかに、見極める」。「ポジティブ・プランニング」と「ネガティブ・シュミレーション」。これだけ覚えておこう。
読了日:3月4日 著者:おちまさと
こりすのおかあさん (大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本)こりすのおかあさん (大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本)感想
わたし用に借りた本。たくさんのドングリが吊るされて、真ん中におかあさんが座っている。編んでいるのは子どもためのマフラーかしら。この絵の温かさが、このお話しにはピッタリね。
読了日:3月4日 著者:浜田廣介
開運えほん開運えほん感想
わたし用に借りた本。日本には縁起物がたくさんあるんだねえ。だけど、福岡のお雑煮に入っているのは小松菜じゃなくてかつお菜だと思うんだけどね?
読了日:3月4日 著者:かんべあやこ
特捜班危機一髪 警視庁特捜班ドットジェイピー特捜班危機一髪 警視庁特捜班ドットジェイピー感想
わたし用に借りた本。ますます深まるマニアック度。もしかしなくても続編が出るのかしら?
読了日:3月4日 著者:我孫子武丸
花の下にて春死なむ (講談社文庫)花の下にて春死なむ (講談社文庫)感想
わたし用に借りた本。美味しい料理が多いと聞いて。最初の章からビックリさせられたけど、それはトリックとかストーリーとかじゃなくて、年の差で。一番食べたいと思ったのは帆立のスープ。
読了日:3月6日 著者:北森鴻
アイルランドの薔薇 (光文社文庫)アイルランドの薔薇 (光文社文庫)感想
わたし用に借りた本。ほかの方のレビューにあった通り、登場人物紹介のページは大事。ただでさえカタカナ名前に弱いのに!栞をはさんでいてもいいくらいよ。
読了日:3月8日 著者:石持浅海
世界でふつうに働くために英語力より大切な39のこと世界でふつうに働くために英語力より大切な39のこと感想
わたし用に借りた本。途中、あまりの難解さに投げ出しかけたけど、最後まで読破。英語をつかって何を伝えるか、伝えるべきものを持っているのか、が大事。
読了日:3月10日 著者:後藤均,佐藤豪
退職刑事 (1) (創元推理文庫)退職刑事 (1) (創元推理文庫)感想
わたし用に借りた本。想像通り素晴らしい。どんどんシリーズを追いかけよう。安楽椅子探偵好きにはたまらない本。
読了日:3月10日 著者:都筑道夫
「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本感想
わたし用に借りた本。整理されていてとても読みやすかった。日本が強くなるために、こういう方法もあるんだね。
読了日:3月12日 著者:出口治明
古本屋探偵の事件簿 (創元推理文庫 (406‐1))古本屋探偵の事件簿 (創元推理文庫 (406‐1))感想
わたし用に借りた本。古本屋系の探偵ものは、薀蓄をたれないといけないルールでもあるのかな?それとも、それが目当てで読んでいる愛書家がいるのかな?
読了日:3月12日 著者:紀田順一郎
なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?感想
わたし用に借りた本。これはポチろう。おもてなしというものが、どういうものなのかを具体的に示してあっていいわ。子どもが社会人になる前に、ぜひとも読んでもらわないと!
読了日:3月12日 著者:志賀内泰弘
ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!感想
わたし用に借りた本。こうして分類してくれると、自分がどっち側なのか、あっち側に行きたいときはどうしたらいいのか、よく分かるね。
読了日:3月13日 著者:千田琢哉
嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)感想
わたし用に借りた本。加賀さんシリーズ。短編で次々と犯人を追いつめて行ってたねえ。これは犯人も逃げ切れないわ。
読了日:3月17日 著者:東野圭吾
赤い指 (講談社文庫)赤い指 (講談社文庫)感想
わたし用に借りた本。早く犯人を捕まえてくれと思う一方で、この息子の姿が娘と重なり、複雑な気持ちに。「わかんない」という言葉の異様さに心が沈んだわ。
読了日:3月17日 著者:東野圭吾
11枚のとらんぷ (角川文庫)11枚のとらんぷ (角川文庫)感想
わたし用に借りた本。大好きな作家さん。楽しんで書いたのだろうなあと想像が出来る長編。そしてファンには嬉しいあとがき。ビックリ箱のくだりがニヤニヤもの。
読了日:3月17日 著者:泡坂妻夫
入社1年目の教科書入社1年目の教科書感想
わたし用に借りた本。一読の価値ありだと思う。著者の経歴に引け目を感じないような、そんな新入社員になって欲しい。
読了日:3月19日 著者:岩瀬大輔
螢 (幻冬舎文庫)螢 (幻冬舎文庫)感想
わたし用に借りた本。後味の悪さが半端ない。救われないなあ。生き残った一人って、勇者なんだろうなあ。
読了日:3月20日 著者:麻耶雄嵩
Rのつく月には気をつけようRのつく月には気をつけよう感想
わたし用に借りた本。大好きな作家さん、かつ、料理とお酒が出てくるミステリときたら、読まないわけはない。そして心地よく終わるラストがたまらない!
読了日:3月20日 著者:石持浅海
戦力外捜査官 姫デカ・海月千波戦力外捜査官 姫デカ・海月千波感想
わたし用に借りた本。飼育係シリーズの新刊がまだなので、こちらのシリーズに手を出してみる。兄貴と姉御の関係に期待。
読了日:3月21日 著者:似鳥鶏
The unseen見えない精霊 (カッパ・ノベルス―カッパ・ワン)The unseen見えない精霊 (カッパ・ノベルス―カッパ・ワン)感想
わたし用に借りた本。大好きな泡坂妻夫さんが推薦されてたので。うん、分かる気がする。これはマジックショーだ!
読了日:3月22日 著者:林泰広
NASAより宇宙に近い町工場NASAより宇宙に近い町工場感想
わたし用に借りた本。読み終わったら、じっとしていられなくなるわねえ。親が子どもに残したいのは、学歴なんかじゃないものね。
読了日:3月22日 著者:植松努
写本室(スクリプトリウム)の迷宮写本室(スクリプトリウム)の迷宮感想
わたし用に借りた本。続くんだよねえ?っていう終わり方だった。最後のほうがやっつけ仕事みたいで残念。
読了日:3月23日 著者:後藤均
私が彼を殺した (講談社文庫)私が彼を殺した (講談社文庫)感想
わたし用に借りた本。袋とじGJ。ないとやっぱり犯人が分からないなあ。刑事さんが出てくるたびに、「次こそ加賀さんか!」と前のめりになってしまうよね。
読了日:3月23日 著者:東野圭吾
一見、無能に見えても出世する人、上手く立ち回っても出世できない人一見、無能に見えても出世する人、上手く立ち回っても出世できない人感想
わたし用に借りた本。矛盾しているよねえ。臨機応変さが求められると言われればそれまでなんだけどね。それにしても、この装幀はこうあるべきだったのかな?
読了日:3月24日 著者:内藤誼人
宝の山 商い同心お調べ帖宝の山 商い同心お調べ帖感想
わたし用に借りた本。初の梶よう子さん。心温まる話と美味しいもの、そしてミステリ付きとくれば、読むしかなかった。読んでよかった!
読了日:3月25日 著者:梶よう子
半幅帯で着物もゆかたも、もっと楽しい!半幅帯で着物もゆかたも、もっと楽しい!感想
わたし用に借りた本。カジュアルに着ると、こんなにいろいろ省略しても大丈夫なんだねえ。
読了日:3月25日 著者:
パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から (幻冬舎文庫)パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から (幻冬舎文庫)感想
わたし用に借りた本。うーん、ここで終わりなのかあ。最後は甘く終わって欲しかったなあ。
読了日:3月26日 著者:似鳥鶏
攪乱者 (ジョイ・ノベルス)攪乱者 (ジョイ・ノベルス)感想
わたし用に借りた本。コメディだと思ってたのに。まさかのラストだった。うわあ。
読了日:3月27日 著者:石持浅海
本を味方につける本 ---自分が変わる読書術 (14歳の世渡り術)本を味方につける本 ---自分が変わる読書術 (14歳の世渡り術)感想
わたし用に借りた本。本という、リアルな物体について書かれていたわねえ。もう少し、味方につける具体例があるとよかったなあ。
読了日:3月27日 著者:永江朗
新参者新参者感想
わたし用に借りた本。加賀さんのシリーズの中では、こちらが一番好みだなあ。いよいよ残るは麒麟かあ。
読了日:3月27日 著者:東野圭吾
麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)感想
わたし用に借りた本。子どもが絡む系の話は、他人事と思えないから駄目だなあ。物語だというのに、真剣に怒ってしまう。つまり楽しめないんだなあ。
読了日:3月29日 著者:東野圭吾
退職刑事〈2〉 (創元推理文庫)退職刑事〈2〉 (創元推理文庫)感想
わたし用に借りた本。待ちかねていた退職刑事シリーズ。安楽椅子探偵もの好きにはたまらない。
読了日:3月30日 著者:都筑道夫

読書メーター
12 : 07 : 38 | 読書コーナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メジナとカワハギ | ホーム | お魚屋さん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/7905-b57cfff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |