12月に読んだ本まとめ
2015 / 01 / 01 ( Thu )
2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:35冊
読んだページ数:4900ページ
ナイス数:88ナイス

現代語訳 福翁自伝 (ちくま新書)現代語訳 福翁自伝 (ちくま新書)感想
わたし用に借りた本。塾生時代、やることやってると思った。法も警察もないのだから、仕方ないのかもしれないけれど、これに比べたら現代人はなんとしがらみの多いことか。ただし、海外へは自由に行ける。飛び出せってことかなあ。
読了日:12月1日 著者:福澤諭吉
憑き物 (講談社ノベルス)憑き物 (講談社ノベルス)感想
わたし用に借りた本。観察者トビさんシリーズ。前回同様、ちょっとヒンヤリ怖い系。この系統は続くのかしら?嫌いじゃないけど、長編もそろそろ読みたい。
読了日:12月3日 著者:鳥飼否宇
ちいさなちいさな―めにみえないびせいぶつのせかいちいさなちいさな―めにみえないびせいぶつのせかい感想
わたし用に借りた本。微生物のすごさを知る。小さいからこその脅威だね。
読了日:12月6日 著者:ニコラデイビス
くつしたをかくせ!くつしたをかくせ!感想
わたし用に借りた本。奥付と著者紹介が見もの。親御さんは取扱い注意な本。
読了日:12月6日 著者:乙一
しずかな、クリスマスのほんしずかな、クリスマスのほん感想
わたし用に借りた本。かわいい絵柄ねえ。シリーズものなので、ほかのも読んでみたいわ。抱きしめたくなる丸みよ。
読了日:12月6日 著者:デボラアンダーウッド
あかちゃん社長がやってきた (講談社の翻訳絵本)あかちゃん社長がやってきた (講談社の翻訳絵本)感想
わたし用に借りた本。なるほど。こう考えないといけないのか。パパの参戦がないと、厳しいよね。
読了日:12月6日 著者:マーラ・フレイジー
いくらなんでもいくらくん (こどもプレス)いくらなんでもいくらくん (こどもプレス)感想
わたし用に借りた本。いくらくん、自分の分身まで作れるのかっ!どんだけ万能なんだ!
読了日:12月6日 著者:シゲタサヤカ
まないたに りょうりを あげないこと (講談社の創作絵本)まないたに りょうりを あげないこと (講談社の創作絵本)感想
わたし用に借りた本。いいねえ、いいねえ。まないたってああいうふうに太るのか。
読了日:12月6日 著者:シゲタサヤカ
ムダな努力はないムダな努力はない感想
わたし用に借りた本。これは手元に置いて、たまにペラペラとめくりたい本だねえ。出来れば子どもたちにも、手に取って欲しいなあ。
読了日:12月8日 著者:鍵山秀三郎
怪しい店怪しい店感想
わたし用に借りた本。あー、やっぱり落ち着く、このふたりのやりとり。こうでなきゃ!装幀が丁寧で美しくて好きだわ。
読了日:12月9日 著者:有栖川有栖
海と森の標本函 「自然の落としもの」を拾いあつめて愛でるたのしみ (読む手しごとBOOKS)海と森の標本函 「自然の落としもの」を拾いあつめて愛でるたのしみ (読む手しごとBOOKS)感想
わたし用に借りた本。いいなあ、ウニ。こんなにキレイなウニはぜひとも眺めて愛でたい。
読了日:12月12日 著者:結城伸子
みまわりこびと (講談社の翻訳絵本)みまわりこびと (講談社の翻訳絵本)感想
わたし用に借りた本。さみしいなあ。いつか子どもが目を覚ましてくれるといいね。
読了日:12月13日 著者:アストリッド・リンドグレーン,キティ・クローザー
クリスマスのおきゃくさまクリスマスのおきゃくさま感想
わたし用に借りた本。わたしだったら頭から湯気だすわね。食器棚のあたりで、もう無理すぎるのに!
読了日:12月13日 著者:ダイアナヘンドリー
サンタのクリスマスサンタのクリスマス感想
わたし用に借りた本。レイモンドさんの絵は暖かくて好きだわ。冬の景色なのに不思議。
読了日:12月13日 著者:レイモンドブリッグズ
ゆきの日のおかしのいえ (えほんとなかよし)ゆきの日のおかしのいえ (えほんとなかよし)感想
わたし用に借りた本。色とりどりのお菓子が並ぶ様子は、きっと子ども受けがいいはず。
読了日:12月13日 著者:薫くみこ
非常識な読書のすすめ ―人生がガラッと変わる「本の読み方」30非常識な読書のすすめ ―人生がガラッと変わる「本の読み方」30感想
わたし用に借りた本。腑に落ちるという言葉を、何度もつかってあったのが印象的だった。頭で理解するのではなく、体得することが大事なのかもしれない。
読了日:12月14日 著者:清水克衛
わしらは怪しい探険隊 (角川文庫)わしらは怪しい探険隊 (角川文庫)感想
わたし用に借りた本。酔っ払いの武勇伝を、横でうんうん頷きながら聞いているような本。グダグダだしオチもないけど、肩の力は思いっきり抜いて読める本。
読了日:12月15日 著者:椎名誠
ちくわのわーさんちくわのわーさん感想
わたし用に借りた本。わーさん、積極的だなあ。なんでもやってみようとするその姿勢、素晴らしいね。
読了日:12月16日 著者:岡田よしたか
トムテと赤いマフラートムテと赤いマフラー感想
わたし用に借りた本。暖かそうだなあ。もとからトムテのためにあったようなマフラーだね。
読了日:12月16日 著者:レーナアッロ
仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本感想
わたし用に借りた本。寝転がって、大の字になって、空を眺めたいなあ。星空がいいなあ。
読了日:12月17日 著者:千田琢哉
コックの ぼうしは しっている (講談社の創作絵本)コックの ぼうしは しっている (講談社の創作絵本)感想
わたし用に借りた本。あ、だんだんと順序が分かってきたかも。この本にはまな板と鍋がいるもんね!
読了日:12月17日 著者:シゲタサヤカ
キャベツがたべたいのですキャベツがたべたいのです感想
わたし用に借りた本。ヤオヤさん最強だな!その後も順調でなにより!子どもがキャベツ好きになるかもしれない本。
読了日:12月17日 著者:シゲタサヤカ
動物たちのビックリ事件簿2: 夏の夜のふしぎなできごと動物たちのビックリ事件簿2: 夏の夜のふしぎなできごと感想
わたし用に借りた本。キョンという動物を今まで知らなかったわ。ぜひ声を聞いてみたい!
読了日:12月17日 著者:宮崎学
「わかった」と言わせる説明の達人に変わる本「わかった」と言わせる説明の達人に変わる本感想
わたし用に借りた本。噛み砕いて言うとはこのことだね。1%、1人を目指さないといけないんだ!
読了日:12月21日 著者:中谷彰宏
「格差」と上手につきあう英国式の節約術「格差」と上手につきあう英国式の節約術感想
わたし用に借りた本。うーん、このくらいの節約はおそらく、どの主婦もしていることなんじゃないかな?って思ったんだけど、そうでもないのかなあ。
読了日:12月21日 著者:佐藤よし子
虚像淫楽  山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)虚像淫楽 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)感想
わたし用に借りた本。重たく深く粘っこい。そんな印象の文章だけど、実は嫌いじゃない。むしろ好物だ!
読了日:12月21日 著者:山田風太郎
10歳から身につく 問い、考え、表現する力―僕がイェール大で学び、教えたいこと (NHK出版新書 439)10歳から身につく 問い、考え、表現する力―僕がイェール大で学び、教えたいこと (NHK出版新書 439)感想
わたし用に借りた本。言いたいことが多すぎて、結局なにが言いたかったのかが見えなくなってる。最後の対談はよかった。
読了日:12月22日 著者:斉藤淳
ママ 今日からパートに出ます!  15年ぶりの再就職コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)ママ 今日からパートに出ます! 15年ぶりの再就職コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
わたし用に借りた本。分かるなあ。専業主婦をしていたら、家族はこう育ってしまうよね。そこから変えなくちゃ、続かないんだなあ。
読了日:12月23日 著者:野原広子
うんこがへんないきものうんこがへんないきもの感想
9才の弟くんが借りた本。9才には分からないネタもあるけれど、面白いとドンドン読み進めているわ。確かに着眼点も語り口調も、鋭くていいね。
読了日:12月23日 著者:早川いくを
99%が知らない富裕層になる方法 すべてを手に入れた「1%の人々」はこう考える (Knock‐the‐Knowing)99%が知らない富裕層になる方法 すべてを手に入れた「1%の人々」はこう考える (Knock‐the‐Knowing)感想
わたし用に借りた本。なるほどねえ。考え方うんぬんより、カレンダーがメインかもしれん。
読了日:12月24日 著者:山田順
空から見る日本ふしぎ絶景spot50空から見る日本ふしぎ絶景spot50感想
夫が借りてきた本。写真を見たときの感想って、ふたつに分かれる。「写真だね」と「美しいなあ」。この本は、「写真だね」のほうだった。
読了日:12月25日 著者:渋川育由
東大ワンピース研究会 これからの『ワンピース』の話をしよう東大ワンピース研究会 これからの『ワンピース』の話をしよう感想
わたし用に借りた本。考察系を初めて読んでみた。また読み返してみたくなった。
読了日:12月26日 著者:東京大学ワンピース研究会
組香入門: 香道を楽しむための組香入門: 香道を楽しむための感想
わたし用に借りた本。これで「入門」なのか。経済学以上に難しい。
読了日:12月26日 著者:谷川ちぐさ
絵本処方箋絵本処方箋感想
わたし用に借りた本。こんなときにはこんな本を読もう。という指針が分かりやすかった。
読了日:12月26日 著者:落合恵子
ダチョウは軽車両に該当します (文春文庫)ダチョウは軽車両に該当します (文春文庫)感想
わたし用に借りた本。飼育員さんシリーズ第二弾。相変わらずモヤモヤな関係のままだなあ。そして相変わらず強い鴇先生!
読了日:12月29日 著者:似鳥鶏

読書メーター
10 : 25 : 37 | 読書コーナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<初詣に行ってきたよ | ホーム | 初!伊達巻>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/7769-266cfd25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |