応用が利かない
2014 / 05 / 20 ( Tue )
うーん

上の子の勉強を見ている夫から

「上の子の受験は無理だ」

と言われてしまった

どうも応用がまるで出来ないらしい

教えているときは理解しているふうなのに

次の日にはもう同じ問題が解けない

おそらく自分の頭で考えないせいだから

それが治らない限りは教えても意味がないそうだよ

うーん

きっと理解が追いついていないのだろうねえ

これまで小学校の勉強ばかりで

受験用の勉強をしていなかったものね

「これが受験なんだよ」

って言うのは簡単だけど

子どもに納得のいく説明をするのは難しい


県立の中高一貫の検定問題は

これまでの生きてきた総合力のようなものが

どうしても試される部分がある

自分の頭の中にある知識を

総動員して問題解決に取り組む姿勢

諦めず、そしてなるべく短時間で

伝わりやすい文章で伝える能力

実際に過去問を解いてみれば分かるけど

50分で大人でもやっとかもしれないよ


とにかく数をこなすことかなあ

「ぱっと見て難しいと分かる」問題に

嫌悪感を示さないで

取りあえず読んでみること

そこから浮かんできた考えを

図に表してみること

まずはそのあたりからやってみよう

今日からはわたしが先生役かなあ

08 : 21 : 11 | 日常風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<どくだみ収穫 | ホーム | 明後日はイベント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ichiren58.blog84.fc2.com/tb.php/7449-e7581141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |